国家試験支援対策・就職支援制度

3年間で着実にステップアップ!
だから国家試験・就職に強い。

本校では、1・2年次から学び取った知識を整理確認するための個別指導で国家試験支援対策や就職支援をスタート。卒業年次には、特別講義・補講授業などの国家試験支援対策講座、模試を利用した指導をはじめとする国家試験支援対策を実施。就職面でも、担任・就職指導教員・学生が一体となって取り組みます。

国家試験支援対策

3年次徹底した少人数体制と個別指導

4・5名に教員1名の少人数体制で一人ひとりきめ細かい個別指導を行います。
また生活リズムや時間の使い方もアドバイスします。

3年次定期的な模試による学生指導

定期的な模試で実践力と試験のコツを身につけます。
毎回、模試結果を分析し、個別の学習指導に反映させます。

全学年国家試験支援対策講座の実施

外部講師による特別講義を実施します。1,2年次より計画的に国家試験支援対策を行い、補講授業(全学生対象)など、弱点を克服します。

就職支援

3年次個別カウンセリング

面接や小論文など、実際の就職活動時に必要なスキルを繰り返し練習して習得。
担任・就職指導教員・学生が一体となって就職活動に取り組みます。

全学年個別指導

進路希望を確認し、特に伸ばすべき技術・知識の確認や臨床実習先の調整などを行います。

全学年卒後教育

就職後、職場にスムーズに適応するためのサポート・アドバイスをします。

国家資格取得〜就職までのプロセス

学年 国家試験支援対策 就職支援
1年次
  • 厚生労働省指定科目を順次履修
  • 計画的なカリキュラム編成
  • 個別指導
 
2年次
  • 小テストなど反復学習で着実に基礎医学を修得
  • 口述・実技試験を通して専門科目を中心に履修
  • 個別指導
3年次
  • 国家試験支援対策講座を実施
  • 定期的な模擬試験で実践力をアップ
  • 担当教員による個別指導
  • 個別カウンセリング
    (面接・小論文対策など)
  • 就職活動

3年次1月〜